役者

劇の子役、バンドのボーカル。映画の主演男優。どんなものでも大事なものが一つだけある。それが声である。

声というのはきれいな声、汚い声というのがあるが、実際のところはそんなものは存在しない。どれもこれも、声というのには個性が存在しているのだ。
だみ声な声でも、しっかりとしただみ声ならば、それは豪快な声となり、人を魅了することが出来る。しかし、訓練されていないだみ声とは本当のだみ声であり、そういった声は本当に汚い声で終わってしまう。

子役でも何でも、オーディションに通りたい場合はまず声を鍛えなければならない。よく通った声こそが個性となり、その個性を磨けば磨くほど、他の人間には持つことのできない強力な武器になるのである。

なので、子役でも何でもオーディションを受ける前には、まずボイトレを始めることが好ましい。ボイトレをするとしないとでは声のハリが全く違い、明るいキャラクターも暗いキャラクターも声によって演じることが可能になるのだ。

ボイトレというのは日々の積み重ねが物を言い、子供のうちからやっておくことは決してマイナスにはならない。むしろ子供の頃からやっておくことで子役として有名になる可能性もある。
オーディションが通過できなくて困っているのなら、まずはボイトレによって声を磨き、そしてその他の技術も磨き、オーディションに参加してみることで何かが変わるかもしれない。

ここではそんな声の話についてしていく。

OUT LINK

夢実現を目指して!子役オーディションで新しい自分を/スカイアイ・プロデュース
ボイストレーニングなら丁寧に指導してくれる東京のこちらがおすすめです。|フェスタミュージックサロン
タレントを目指している方におすすめ|オーディションデビュー

Calendar
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031